Eli Keszler in Tokyo 2018

2018.03.10 Sat TEXT:BANANA CATEGORY:PRODUCT

このPRODUCTの申し込み受付は終了しております。

Eli Keszler in Tokyo 2018

2018/03/10 sat at Super Deluxe
OPEN / START 19:00
ADV ¥2,500 @RA / DOOR ¥3,000 / U25 ¥2,000 + 1 Drink

Eli Keszler [PAN / from NYC]
YPY [Where To Now / EM / birdfriend]
COMPUMA
SUGAI KEN[RVNG Intl. / EM / Lullabies For Insomniacs]
DJ Refund
SlyAngle [melting bot / WWWβ]

ベルリンの前衛〈PAN〉からリリース、Rashad BeckerやLaurel Haloとのコラボでも知られ、音から空間を作り出すNYCのサウンド・アーティスト/パーカッショニストEli Keszlerが日野浩志郎(goat/YPY)の新プロジェクト”GEIST”参加のため3月に来日。大阪、京都、名古屋を回り、東京公演では他、YPY、COMPUMA、SUGAI KENらが出演、各ソロに本公演のみのコラボ・ライブも実現。

ベルリンの前衛電子音楽レーベル〈PAN〉からのリリースや、ソロ・アルバム『Last Signs of Speed』も記憶に新しい新世代のパーカッショニスト/作曲家Eli Keszlerが、日野浩志郎(goat、YPY)の新プロジェクト”GEIST”参加ため3月に来日。繊細かつ完ぺきなドラムさばきによる乾いたドラム音と心地良い金属音、エレクトロニクス、そしてダブを感じさせるバス・ドラムとの融合は中毒的なミニマリズムを生み出し、これまでにTony Conrad、Loren Connors、Oren Ambarchiなど、歴史に名を残す音楽家たちと共演を果たした音楽活動の他、インスタレーションやビジュアル・アートなどの多岐にわたる制作活動ではLincoln CenterやThe Kitchen、MoMa PS1、Victoria & Albert Museumなどで作品を発表。最近ではRashad BeckerやLaurel Haloとのコラボレーションにも精を注ぎ注目を集めている。

Super Deluxeでの東京公演ではEli Keszlerのソロに加え、日野浩志郎によるYPYのソロ、そして二人によるコラボレーションも披露され、さらに、ベルリンAtonalに出演を果たし活躍の場をますます広げるCOMPUMA、昨年日本でショーケース・ツアーも行われたニューヨークの新名門レーベル〈RVNG Intl.〉より発表されたアルバム『UkabazUmorezu(不浮不埋)』が世界中から高評価を獲得、ヨーロッパ・ツアーを控えるSUGAI KENがそれぞれのDJとライブに加え、本公演のみとなる貴重なインプロビゼーションでのコラボレーション・ライブが実現。またレーベル運営、グラフィック・デザインなど、マルチな才能を発揮するDJ RefundがオープニングDJを、WWWβとmelting botを運営するSlyAngleがディレクションと転換DJを務める。

協力:WWWβ、melting bot

Eli Keszler Japan Tour 2018
3/10 sat Tokyo at Supper Deluxe
3/11 sun Nagoya at spazio rita
3/12 mon Kyoto at Soto
3/17-18 sat - sun Osaka at Black Chamber (名村造船所)

Planner: BANANA

HUMAN

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/order

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat