「顔たち、ところどころ」特別上映鑑賞付き、浅間国際フォトフェスティバル バスツアー

2018.08.18 Sat TEXT:BANANA CATEGORY:PRODUCT

浅間国際フォトフェスティバル」は、文化高原公園都市・御代田町に設立される写真美術館を見据えてスタートする新しい写真の祭典として、すぐれた写真家たちの作品を核に、クラフトマンシップたる写真の良さと日々進化するテクノロジーを踏まえながら、自然や環境、食、建築、音楽、映画、舞踏といった様々な文化と融合させ、発信していく新しい場です。

https://asamaphotofes.jp/

本バスツアーは、初開催となる浅間国際フォトフェスティバルの展示と特別上映される映画『顔たち、ところどころ』の鑑賞、さらに映画に登場する「フォト・トラック」での撮影ができる日帰りツアーです。帰途では、140年以上の歴史を持つ伝統ある千代田の祭 川せがき(燈ろう流し)花火大会に立ち寄ります。
※雨天時は花火大会が中止となるため、下仁田または佐久市周辺の温泉へ変更予定です。

開催日:2018年8月18日(土)
参加費:1人 12,000円


●2018年テーマ:「Return to Camera(写真に帰れ)」
カメラ大国・日本から発信するにふさわしい、「カメラ」と「写真」を主役にしたフェスティバルとし、世界で人気を博す日本人写真家の魅力に触れることのできる、また、伝統的な技法から最新のテクノロジーを駆使した撮影技術を目にすることができる、あらゆる写真表現のショーケースです。

●『顔たち、ところどころ』特別試写会
「ヌーヴェル・バーグの祖母」とも呼ばれる女性映画監督の先駆者であり、2015年にはカンヌ国際映画祭で史上6人目となるパルム・ドール名誉賞を受賞したアニエス・ヴェルダ。一般の人のポートレートを街やストリートに貼り出す、参加型アートプロジェクト『Inside Out(インサイド・アウト)』で知られるフランス人アーティストJR(ジェイアール)。『顔たち、ところどころ』(配給:アップリンク)は、そんなふたりがフランスの田舎を旅しながら、村々に住む市井の人々と接し作品を一緒に作り残していくロード・ムービースタイルのハートウォーミングなドキュメンタリーです。

脚本・監督・出演:アニエス・ヴェルダ、JR
2017年、フランス映画 上映時間 89分
配給:アップリンク
©Agnès Varda-JR-Ciné-Tamaris, Social Animals 2016

フォト・トラック
会期中の特別試写を記念し、ポートレイト撮影用のフォトブースとポスターを印刷す るプリンターを装備したトラックが 8月11日(土)〜19日(日)に期間限定でフェスティバル会場に登場。会期中に撮影されたポートレイトは、会場に展示されます。

浅間国際フォトフェスティバル 作家一覧(敬称略):
アニエス・ヴァルダ+ジェイ・アール、うつゆみこ、ダミアン・プーラン、鈴木理策、マッシモ・ヴィットーリ、水谷吉法、清水はるみ、藤原聡志、小池健輔、ホンマ タカシ、小林健太、小山泰介、石橋英之、ジェシカ・イートン、ルーカス・ブレイロック、チャーリー・エングマン、金村修、ルーク・ステファンソン、伊丹豪、エド・ファン・デア・エルスケン、川内倫子、鷹野隆大、横田大輔、シャーロット・デュマ、森山大道、チャド・ムーア、モーテン・ラング、ロジャー・バレン


●会場
浅間山に抱かれた高原の街 御代田

浅間山の南に広がる高原のまち、御代田。標高700メートルから2,500メートルに位置し、春夏秋冬、美しい季節の移ろいを見せながら、浅間山に抱かれるように存在しています。浅間山麓の広く豊かな自然は、御代田町の暮らしや産業の礎となっています。首都圏とのアクセスもよく、利便性と自然環境の両面においてバランスのとれた町です。

旧メルシャン軽井沢美術館跡地
2018年の浅間国際フォトフェスティバルの本会場となるのは、御代田町の中心に位置する旧メルシャン軽井沢美術館跡地です。2011年に閉館後、浅間山を望む自然豊かな5300坪ほどのエリアを御代田町が永らく保管をしてきました。2017年1月、御代田町と株式会社アマナは文化事業としての活用に向けた基本合意書を締結。その後、敷地内に新町舎が建てられたほか将来の写真美術館設立に向けて準備が進められています。


千代田の祭 川せがき 千代田の祭川せがきは古く140年以上の歴史を持つ伝統のある祭りです。僧侶の読経と燈ろう流し(川せがき)を中心に、打ち上げ花火、民踊流し等、各種催しが行われます。川面に映る燈ろうの灯と利根川に向けて打ち上げられる水中スターマインが、夏の夜を彩ります。燈ろう流しは大河に面した町ならではの祭事であり、僧侶の読経に合わせ、川面を静かに流れていく燈ろうを眺めながら厳かに精霊を送る幻想的な光景は一見の価値があります。


●当日の流れ ※交通状況によりスケジュールは前後します

7:15 集合、受付:
渋谷セルリアンタワー前にて集合します。なるべくお手洗いなど済ませた状態で7:15までにお集まりください。

7:30 渋谷出発:
道が混み合う前に出発します。途中でお手洗い休憩を1〜2回程度とる予定です。

12:00 フェスティバル会場(御代田町)到着:
各自ランチ。会場ではフェスティバル開催に合わせ、バラエティに富んだフードトラックが出店しています。

14:00顔たち、ところどころ」特別試写会:
近郊の別会場での上映となります。尚、試写会およびフォトトラックでの撮影への参加は希望制となりますので、フェスティバル会場に残りたい方は、出発前に再集合します。

16:30 フェスティバル会場(御代田町)出発

18:45 川せがき会場(千代田町)到着:
露店、打上花火、僧侶による読経、燈ろう流しなど自由にお過ごしください。

21:00 川せがき会場(千代田町)出発

23:00 渋谷到着予定


[ ご旅行条件 ]

問い合わせメールのアドレス:
ご旅行日数:1日間
ご旅行条件:最少催行人数 15名
※本ツアーは8月12日までに15名集まらなければキャンセルとなります
添乗員:なし *BANANA及びイベントスタッフは同乗/同行します。
現地係員:なし *BANANA及びイベントスタッフは同乗/同行します。
食事回数:昼1回
その他 旅行代金に含まれるもの:イベント参加費用、日程表記載のバス代及び運行に付随する諸費用(高速代・駐車場代等)・消費税等諸税。

[旅行条件書]
http://bnana.jp/pages/jyoken/

Planner: BANANA

ORDER & RESERVE

参加費
¥ 12,000-
x

購入する

参加費
¥ 12,000-
x
CLOSE

HUMAN

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/order

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat