浅間国際フォトフェスティバル 2018

2018.08.18 Sat TEXT:BANANA WTT CATEGORY:PRODUCT

このPRODUCTの申し込み受付は終了しております。

浅間国際フォトフェスティバル」は、文化高原公園都市・御代田町に設立される写真美術館を見据えてスタートする新しい写真の祭典として、すぐれた写真家たちの作品を核に、クラフトマンシップたる写真の良さと日々進化するテクノロジーを踏まえながら、自然や環境、食、建築、音楽、映画、舞踏といった様々な文化と融合させ、発信していく新しい場です。

https://asamaphotofes.jp/


●2018年テーマ:「Return to Camera(写真に帰れ)」
カメラ大国・日本から発信するにふさわしい、「カメラ」と「写真」を主役にしたフェスティバルとし、世界で人気を博す日本人写真家の魅力に触れることのできる、また、伝統的な技法から最新のテクノロジーを駆使した撮影技術を目にすることができる、あらゆる写真表現のショーケースです。

浅間国際フォトフェスティバル 作家一覧(敬称略):
アニエス・ヴァルダ+ジェイ・アール、うつゆみこ、ダミアン・プーラン、鈴木理策、マッシモ・ヴィットーリ、水谷吉法、清水はるみ、藤原聡志、小池健輔、ホンマ タカシ、小林健太、小山泰介、石橋英之、ジェシカ・イートン、ルーカス・ブレイロック、チャーリー・エングマン、金村修、ルーク・ステファンソン、伊丹豪、エド・ファン・デア・エルスケン、川内倫子、鷹野隆大、横田大輔、シャーロット・デュマ、森山大道、チャド・ムーア、モーテン・ラング、ロジャー・バレン


●会場
浅間山に抱かれた高原の街 御代田

浅間山の南に広がる高原のまち、御代田。標高700メートルから2,500メートルに位置し、春夏秋冬、美しい季節の移ろいを見せながら、浅間山に抱かれるように存在しています。浅間山麓の広く豊かな自然は、御代田町の暮らしや産業の礎となっています。首都圏とのアクセスもよく、利便性と自然環境の両面においてバランスのとれた町です。

旧メルシャン軽井沢美術館跡地
2018年の浅間国際フォトフェスティバルの本会場となるのは、御代田町の中心に位置する旧メルシャン軽井沢美術館跡地です。2011年に閉館後、浅間山を望む自然豊かな5300坪ほどのエリアを御代田町が永らく保管をしてきました。2017年1月、御代田町と株式会社アマナは文化事業としての活用に向けた基本合意書を締結。その後、敷地内に新町舎が建てられたほか将来の写真美術館設立に向けて準備が進められています。

Planner: BANANA WTT

HUMAN

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/order

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat