7時間で行ける楽園インドネシア・バリ。クラブ・パーティーもいい感じだし、リゾートだし、もう最高。

2014.03.22 Sat TEXT:BANANA CATEGORY:report

近年、日本からも移住者が増加しているインドネシア・バリ。

そんなバリのクラブ・パーティーシーンについて、参加者からのレポートをお届けします。

Tomioのバリ滞在記

2/20バリ到着 気温28度 

真冬の日本から飛行機降りた途端じわっと汗が、身体が活動的になっていく。 バリは雨期、さながら日本の夏。 年中平均気温28度常夏の島、僕が訪れた2月(雨期)は湿度高い日本の夏に近く(雨期といってもわっと降ってすぐに止みます)、乾期は逆にからっと気持ちの良い夏の模様。

オフシーズンにも拘らず、昼は観光客&地元の商店で賑わい、 夕方はサンセット臨むビーチで賑わい、夜のクタ・スミニャックは並び立つクラブで賑わっている。

そこら中を原付で移動出来ちゃうのでめっちゃ楽。

ビーチにビーズクッション並べてゆっくりお酒やらコーヒーやら飲めるラプランチャビーチもgood!!

ビールは地元インドネシアのビンタン瓶が300円くらい、そこら辺にあるサークルKで買うと150円くらいと日本に比べると激安!

他のお酒は酒税の関係か高いです。

Rumah Dua Tiga

滞在したのはズヤックさんが手がけるvilla Rumah Dua Tiga (http://villarumah23.com / ) こちらが最高、2-6人は泊まれるアットホーム且つ洒落てくつろげる広い部屋で、中庭にはぷかぷか浮かべるプール、ハンモック、何人かで泊まれば一人一泊3000-4000円と断然リーズナブルなお値段設定でした。

アフターも皆でわいわい出来る開放的な時間を過ごすことが出来ました。

夜のクラブ

・中心街のクタ。

こちらはアミューズメントパークみたいなクラブや、怪しいショップが立ち並び、オーストラリアの方々が多かったイメージ。

・原付に乗って約5分すこし北のスミニャック。 こちらは洒落たショップやクラブが並ぶエリアで(といっても軟派箱が多かったですが)、割と上品なテクノやハウスが鳴っていて、 ヨーロッパ、ロシア、アジア、偏らずバランス良く色んな人がよく踊っていて遊び易かったです。中でもベルリンのBAR25と縁のある人達がやっているマリアマグダレナは、東京のOathを広くした感じの箱で皆ハッピーに踊って良い雰囲気でした。

ビーチ

唯一海水浴できたのが 約1時間車で行ったヌサドゥアのゲゲルビーチ。 海も綺麗でゆっくり出来る穴場ビーチ、こちらもお勧めです! パーティ明けビーチは、爆睡火傷&日本に帰ってきてお風呂が滅茶苦茶痛いです。ご注意を。

お買い物

昼間クタで値切りしてサングラスを500円で購入したりとオシャレなエリアもありいい感じでございます。 絵描きの人もたくさんいてアートも溢れていました。

これで音がバッチリな良い箱があったら、、 これがオンシーズンだったら、、 どんどん発展していっているリゾートであり、お金を使って遊びに来る世界中の人達、今まさに可能性を感じました。 同じアジアで物価も安く且つ英語も話す環境、 値切りをする・そこら辺の人と話すフランクな感覚、 ヨーロッパの魅力ともまた一味ちがう空間を味わいに是非一度訪れて感じてみては如何でしょう。

丸3日弾丸ツアーで今回は行けませんでしたが、 ウブドという地域や、棚田の広がる世界遺産、山が好きな方には神秘を、海が好きな方には絶好のダイビングスポット・サーフスポット(安全にはご注意を)、あとラフティングも出来て、スパもたくさんあってと、是非時間には余裕をもってリゾートしに行くことをお勧めします!

BANANAではバリの企画プランも盛りだくさん進めております。

よかったらバリ、行きましょう。

PRODUCTS

HUMAN

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/order

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat