かつて炭坑街だったポーランドの経済特区カトヴィツェが文化の街へアップデートしたことを象徴するフェス。Tauron Nowa Muzyka

2015.04.11 Sat TEXT:BANANA CATEGORY:column

Autechre, DJ Krush, Prefuse 73, Jamie Lidell, Amon Tobin, Flying Lotus, Battles, Bonobo and Fever Rayなど素晴らしいアーティストたちが出演してきたフェスティバルがポーランド南部シロンスク地方の首都カトヴィツェにある。

かつて、炭坑の街として発展し、戦後の一時期は空気環境汚染に苦しめられ、そして街及び近郊には稼動停止した工場が数多く残された。しかしその後カトヴィツェは経済特区化し、多くの外資系企業が進出し、またシロンスク大学(Uniwersytet Śląski w Katowicachや経済大学 (Akademia Ekonomiczna w Katowicach) 等の有名な学校があることから、ポーランドでもとても重要な地域となった。日本企業からもISUZUがカトヴィツェ経済特区に工場を持っている。

そして現在、カトヴィツェはその炭坑産業が栄えた時代の建築資産を活かし文化の街へのアップデートに成功した。 それを象徴する一つがTauron Nowa Muzykaである。

ポーランドに前衛的なエレクトロニック・ミュージック、テクノロジーアートを持ち込む形で2006年にスタート。その後紆余曲折あるものの2010年にはBest Small European Festivalも受賞し、すっかり根付いたフェスティバルだ。

2015年はAutechre、Dopplereffekt、Vessels、Objekt、Ghostpoet、PORTICO、Fatima & THE EGLO LIVE BAND等が出演し、8月20-23日に開催される。

パッケージチケットも以下から購入可能。
http://festiwalnowamuzyka.pl/en/ticket.php

photo via festiwalnowamuzyka.pl
http://www.festiwalnowamuzyka.pl/

PRODUCTS

HUMAN

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/order

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat