ジェフ・ミルズ、NASAの協力を得て、コンセプト・リスニング・エクスペリエンス「The Outer Limits」と題した番組をNTSラジオでスタート!

2018.01.16 Tue TEXT:BANANA CATEGORY:news

ジェフ・ミルズと英・ロンドンの名門インターネットラジオ局 NTSラジオが、NASAの協力を得て、コンセプト・リスニング・エクスペリエンス「The Outer Limits」と題した番組を1月17日(水)にスタート。

この番組は、科学と現代の実験音楽の交差点に存在する真のマルチ・ディスカッション・ラジオ・シリーズで、NASAによる科学的な方向性とビジュアルと共に、世界各国のクラシック、ジャズ、エレクトロニック・ミュージックのアーティスト達がコラボレイトし、完全にオリジナルで未発表の音楽を制作。抽象的なサウンドスケープと語りを通して天体物理学とSFを探検するといった内容で、全6回(各1時間)のエピソードで構成される。

SF物語が世界中のオリジナル音楽とシームレスに織り交ぜられることにより「星間旅行」「時間論」「深い宇宙の謎」「地球の海の未知の奥深さ」といったテーマを探求していく。

The Outer Limits radio show by Jeff Mills

ジェフ・ミルズは、この番組について語ります。

『私は1980年代にほぼ10年間、ラジオの番組を担当していたこともあり、オーディオと音楽がインパクトのあるデバイスとなる可能性について、様々な視点を持っていました。当時私は自由に選曲することができたので、プログラムを面白くて有益なものにする方法について常に考えていました。テレビSFのようなラジオを作り、おきまりのハッピーエンドを必要とせず、謙虚で内省的である可能性のあるテーマを扱う。

この経験は「The Outer Limits」への私のアプローチに刺激を与えています。

アメリカ中西部で育った若者が、自由にラジオ番組を運営して、定期的にロッド・サーリングの「トワイライト・ゾーン」を観、マーベル・コミックスを収集する、その間NASAは人間を宇宙空間に送り出していた。これらのことを思い浮かべていただければ、おおよそは想像していただけるでしょう。

1960年代のSFテレビシリーズから名付けた「The Outer Limits」は、私が音楽と幻想的なストーリーテリングを通じて未知を探検するもう一つの機会です。このラジオ番組の目的は、まず第一にワイルドな経験を提供することです。これは私たちひとりひとりがもっと必要としていることだと私が信じていることです。これらのエピソードは、妥協のない方法で伝えられ、従来のラジオとは異なる方法で構築されます。「The Outer Limits」は有用な情報をこれまでにない形式で提供していきます。』
—ジェフ・ミルズ

それぞれのエピソードは一枚のアルバムとして聴くこともできるし、同時にシリーズの一部として個別に聴くこともできます。最初のエピソードは、ジェフ・ミルズ、アメリカのピアニスト、キャスリーン・スポーヴ、英国のバイオリニスト、トーマス・グールドの音楽をフィーチャーした「ブラックホール」。日本時間、1月17日(水)23時に放送される。

ストリーミングのスケジュールなどシリーズの詳細は、nts.live/theouterlimitsをチェック!

※貸切バスでフェス・ツアーを組むならBANANA系列のbusketをご利用ください https://busket.net/

【プロフィール】

ジェフ・ミルズ

1963年アメリカ、デトロイト市生まれ。現在のエレクトロニック・ミュージックの原点ともいえるジャンル“デトロイト・テクノ”のパイオニア的存在。Axis Records主宰。DJとして年間100回近く世界中のイベントに出演する。

音楽のみならず近代アートとのコラボレーションも積極的に行い、2007年、フランス政府より日本の文化勲章にあたる芸術文化勲章Chevalier des Arts et des Lettresを授与、20187年、フランス芸術文化勲章、Officier de la Légion d’honneur Ordre des Arts et des Lettresを授与される。フランスの芸術文化勲章は、シュヴァリエ(騎士)、オフィシエ(将校)、コマンドゥール(騎士団長)の3つの階級からなり、シュヴァリエからオフィシエへと昇進した。

2013年、日本科学未来館館のシンボル、地球ディスプレイ「Geo-Cosmos(ジオ・コスモス)」を取り囲む空間オーバルブリッジの音楽「インナーコスモス・サウンドトラック」を作曲。現在もその音楽が使用されている。

2005年、モンペリエ交響楽団との共演をきかっけに開始したミルズとオーケストラの公演はこれまで全世界ですべてソールドアウト。エレクトロニック・ミュージック・シーンのパイオニアでありながら、クラシック音楽界に革新を起こす存在として世界中の注目を浴びている。


キャスリーン・スポーヴ

2012年5月、ASCAPより芸術性と熱意を認められジョン・ケージ・アワードを授与され、現代アメリカで最も功績がありジャンルを超えた活動をしている新音楽のピアニストのひとりであり、現代芸術におけるピアニストの役割を常に進化させている。スポーヴはTHE EXPLODING PIANO (爆発ピアノ)の名義でソロ公演を行っており、 コンピューター、ボクシング・グローヴ、ロボットやラップトップオーケストラを駆使した強烈な印象のステージを展開している。

トーマス・グールド

一つのジャンルに定義されることを拒絶し、グールドは幅広い音楽に興味を持ち続けるバイオリニストである。コアなクラシカルミュージックに貢献する一方、イギリスでの現代音楽表現の第一人者として名を馳せている。グールドは現在、指揮者のいないアンサンブルとして世界的に有名なBritten Sinfonia(ブリテン・シンフォニア)のリーダーを務め、バイオリンでオーケストラのディレクションをするパフォーマンスをしばしば行っている。

※貸切バスでフェス・ツアーを組むならBANANA系列のbusketをご利用ください https://busket.net/

HUMAN

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/order

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat