次々に閉店するロンドンのクラブ事情

2015.03.31 Tue TEXT:BANANA CATEGORY:news

喜ばしいイースターの連休を前に、またもやロンドンの老舗クラブのクローズするニュースが飛び込んできた。

1994年から20年以上の歴史を持つCrucifix Laneである。ケミカル・ブラザーズやアンドリュー・ウェザオールをはじめとするビッグネームがプレイし、サウスロンドンのシーンを築いたクラブの1つである。

クローズの理由は、デベロッパーによる都市開発と地上げによるとのこと。さらには、ロンドンブリッジ駅の拡張に伴う立退きも関係している。

こういった不本意な動きは、ロンドンに限らずベルリンでも起きている現象である。音楽が根付いている街において、クラブの存在は切っても切れないはずであるが、コンビニエンス化していく街において、”残すべき大切な文化”ではなくなってしまっているのだろうか。

Crucifix Laneのクロージングパーティーは、イースター連休に入る前の4月2日(木)と4日(土)に開催されることがアナウンスされている。

詳細はこちらから。

https://www.facebook.com/events/1577096299204588/

https://www.facebook.com/events/586426464790564/

(情報提供:FACT MAGAZINEより

http://www.factmag.com/2015/03/31/south-london-club-crucifix-lane-forced-to-close/

HUMAN

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/order

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • ※貸切バスでフェス・ツアーを企画でしたらBANANA系列のbusketをご利用ください。 https://busket.net/

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat