「2016年10月15日 - Tresor 25周年」

2016.10.15 Sat TEXT:BANANA CATEGORY:PRODUCT

このPRODUCTの申し込み受付は終了しております。

25 Jahre Tresor

東西を分断していた壁が崩壊し、ドイツ統合の象徴の一つとして、ユースカルチャーの新たなる世界的ムーヴメントとして、爆発的な広がりを見せたテクノ。その最も重要な震源地となったのが1991年にベルリンの廃墟に作られたクラブTresor(トレゾア)だ。Jeff MillsやJuan Atkins、Daniel Bellといったデトロイトのレジェンドたちの飛躍の舞台となり、レコードレーベルとしても彼らをはじめとした多数のアーティストたちの名盤を世に送り出してきた。現在も新たな挑戦と創造を続けるTresorの、記念すべき25年の節目を祝うパーティー。ベルリンからのゲストとして、Chain Reactionの代表的ユニットであるSubstanceとVainqueurによるScion Versions、SubstanceとSleeparchiveによる最新のライブプロジェクトTR-101がそれぞれライブセットで出演。東京からは田中フミヤと並びTresorクラブ及びレーベルで活躍してきたDJ Shufflemaster、現在の東京シーンでテクノの新境地を開拓するDJ Yazi、Mystica Tribe、Okudaが彼らを迎える。ベルリンと東京、テクノの伝統と現在、未来を繋ぐ特別なセッションをお見逃しなく!

After the fall of the Wall, which divided East and West, techno spread explosively, symbolising the German reunification and representing a new global youth movement. At its epicentre lay a highly influential club built in a ruin of Berlin in 1991, Tresor. It has provided leg-ups for legendary figures from Detroit like Jeff Mills, Juan Atkins and Daniel Bell while serving as a label to put out classics by such artists and many others. We are proud to host the monumental 25th anniversary of a cultural icon that never stops new adventures and creations. A project by Chain Reaction leading affiliates Substance and Vainqueur, Scion Versions step up all the way from Berlin to celebrate this memorable moment alongside Sleeparchive, another Berliner who teams up with Substance to offer a TR-101 live performance. They are joined by DJ Shufflemaster from Tokyo, who, like Fumiya Tanaka, has made appearances at both label and venue of Tresor, as well as trailblazers in the current techno scene in the capital; DJ Yazi, Mystica Tribe and Okuda. This is a special night that connects the dots between Berlin, Tokyo, techno's heritage, present and future. Too big to miss!

Tresor 25周年
10/15(Sat) 22:00
Contact
DOOR: ¥4000 WF: ¥3500 clubberia MEMBERS: 500円OFF
GH S Member: ¥3000 | Under 23: ¥2500 | Before 11PM: ¥2000

Studio:
Scion Versions -Live
TR-101 (Substance & Sleeparchive) -Live
DJ Shufflemaster
DJ Yazi (Black Smoker | Twinpeaks)
Mystica Tribe (SD Records | Silent Season | Mystica Tribe Records) -Live
Okuda (Veta | rural)

Contact:
Katsuya Sano
Ryosuke (Lobust)
Naoki (workshop)
Takehiro. (Telomere | TLMR)


Scion Versions
ベルリンのテクノを語る上で欠かせないレコード・ショップ、Hard Waxに長年勤めてきた、Basic ChannelのMシリーズからのリリースで知られるVainqueurと人気クラブBerghainのレジデントも務めるDJ Pete/ Substanceによる、Chain Reactionの代表的プロジェクトScion。ミニマル・テクノとダブを融合させ、ダブテクノとして知られるようになったサウンドの確立に多大な貢献を果たした。このサウンドは現在も新たな世代のアーティストたちに確実に影響を及ぼし続けており、時代を超えた色褪せない魅力を持つ。Tresorレーベルの200枚目の作品として2002年にリリースされたScion『Arrange And Process Basic Channel Tracks』は、その一つの集大成と呼べる作品だ。

TR-101 (Substance & Sleeparchive)
DJ Pete/ Substanceとカルト的な支持を得る12インチ・シリーズによりミニマル・テクノ最深部に君臨するアーティストとして確固たる地位を築いたSleeparchiveによる、ライブ・プロジェクト。2009年に結成され、作品をリリースをしないポリシーを貫く。それぞれTresorでは幾度となくプレイしてきた二人は今年の7月にベルリンで開催されたTresor 25 Years Festivalにも出演を果たした他、現在は定評のあるテクノ新勢力Grounded Theoryの所属ユニットとして、精力的にライブ活動を展開している。二人のベテランによる、ヴィンテージ機材を駆使してのパフォーマンスながらも最新のサウンドを奏でるユニークな存在である。

Planner: BANANA

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat