テイラー・デュプリー × 青葉市子 “TIDA tour 2017”

2017.06.09 Fri TEXT:BANANA CATEGORY:PRODUCT

このPRODUCTの申し込み受付は終了しております。

6月、音楽的に相思相愛の二人が、京都と代官山で邂逅します 。 坂本龍一のコラボレーターとしても知られるサウンドアーティストで、クリスチャン・フェネスやアルヴァ・ノト以降のエクスペリメンタル/アンビエント・ミュージックのシーンにおける重要拠点、NYの[12k]レーベルを主宰、日本でも人気の高い「テイラー・デュプリー」と、研澄まされた感性と圧倒的な存在感でいまや時代を代表するシンガーソングライターであり、坂本龍一、細野晴臣、内橋和久、小山田圭吾、アート・リンゼイら世界的アーティスト達とも共演を重ねてきた「青葉市子」の二人の音楽が出会う「TIDA tour 2017」。深遠/繊細なテイラー・デュプリーのエレクトロニクスのレイヤーと、青葉市子が爪弾く音の粒が響き合い、溶け合い、共振し合い、やがて心地良い音響空間に包み込まれる。NYを代表する電子音響アーティスと、日本の誇る稀代の音楽家によるスリリングで美しき音の対話が、6月9日には京都クラブメトロで、6月11日には代官山晴れたら空に豆まいてにて実現します。

晴れ豆インターナショナル presents
テイラー・デュプリー × 青葉市子
“TIDA tour 2017”
– Hare-Mame International presents
Taylor Deupree × Ichiko Aoba
“TIDA tour 2017”

<京都公演>
2017年6月9日(金) 京都 クラブメトロ
open/start 19:00/19:30
info: 075-752-4765 ⇦詳細は会場にお問い合わせください
– <東京公演> フロアは畳敷きです。
2017年6月11日(日) 代官山 晴れたら空に豆まいて
1st show – open/start 18:30/19:00 4/15 (sat) 発売開始!
2nd show – open/start 21:00/21:30 4/15 (sat) 発売開始!

前売り 5,400-/5,900- (土産無/土産付) 当 5,900- +1d
完全限定製作、アーティスト・デザインのお土産付きチケットがございます。
ご希望のお客様は、ご予約/ご購入の際に必ずご指定ください。

◆「前売りチケット情報」
チケットぴあ(Pコード:330-922)
ローソンチケット(Lコード:54379)
e+(http://bit.ly/2orM1X5)

テイラー・デュプリー / Taylor Deupree
1971年生。ニューヨーク在住の、サウンドアーティスト、グラフィックデザイナー、写真家として活動。1997年1月1日、彼は、デジタルミニマリズム と現代様式に焦点をあてた音楽レーベル12kを設立し、日本でも人気を博す。 音楽家としては、Ritornell/Mille Plateaux, Raster-Noton, SPEKK, Sub Rosaを含む、世界中のレーベルからリリース。 1999年1月、NYのレーベル、Caipirinha Musicのために “Microscopic Sound. ” という名のコンピレ-ションアルバムを制作。 このリリースは同スタイルのアーティスト達を集めたものとしては最初の部類で、盛り上がりつつあったこの種の電子音楽のジャンルに「マイクロスコピック・ サウンド」という今のクリック・テクノの原型となる名前を付けるほどの1枚となる。 デュプリーは、他にもPrototype 909, SETI, Human Mesh Dance, Futique(1992-1996),Andoなどのテクノプロジェクト、また坂本龍一、Christopher Willitsを含めたくさんのコラボレーションを行っている。 – 青葉市子/Ichiko Aoba
音楽家
2010年よりオリジナルアルバムを発表。
これまでに5枚のソロアルバムリリースしている。
活動は多岐に渡り、舞台出演や劇伴、ミュージカル作品の作詞、CM音楽、ナレーション等幅広く活動中。

Planner: BANANA

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat