Gui Borattoが表参道ARCに登場。1000円で入場可能!

2015.11.27 Fri TEXT:BANANA CATEGORY:PRODUCT

このPRODUCTの申し込み受付は終了しております。

Gui Boratto (D. O. C. / Kompakt)

サンパウロ出身のGui Borattoは、90年代前半にプロデューサー、エンジニア、演奏家としてそのキャリアをスタートさせる。世界的に著名なレーベルからのリリースを重ねながら、彼は更に自身の全てを音楽に捧げ続け、テクノとハウスの要素とポップさを繋ぎ合わせた彼独自の音楽生を確立していった。

2007年にKompaktよりリリースした1stフルアルバム"Chromophobia"は、その素晴らしいメロディー性と中毒性の高いグルーヴに富んだ内容で即座に大ヒットを記録。世界中から賞賛を集めた。その後も2枚のフルアルバムのリリースを始め、Massive Attack、Bomb The Bass、Pet Shop Boys、Goldfrapp、Mobyらトップアーティストの作品やリミックスを手掛け、2014年には4thアルバム「Abaporu」をリリース。そのエキゾチックで多彩なサウンドで織り成す13曲は、途方もなくキャッチーなメロディーと引き込まれるリズムが豊かに表現されており、彼の初期の作品群を思い出させる傑作となった。既に2014年のサマーアンセムとしてスマッシュヒットしていた"Take Control"と"Too Late"に加え、アルバムのリードタイトルである"Abaporu"では美しいボーカルと絶妙にチューニングされたギターを巧みに取り入れるなど、今なお成長を続ける彼の新境地を示している。

2013年にはKompaktのディストリビューションの元、自身のレーベルD. O. C.を始動。シンプルでタイムレスな楽曲を世に送り出している。また、近年では、素晴らしい才能を持つElekfantzのようなブラジルの新進気鋭のアーティストの発掘とプロデュースにも力を注いでいる。Gui Borattoはこれからも世界のダンスミュージックシーンの中心的存在としてその役割を担い、喜んで彼のベストを尽くし続けていくだろう。

Born in São Paulo, Brazil, in 1974, Gui Boratto began working as a producer, audio engineer and multi-instrumentalist in the early '90s. After countless licenses from major international major labels, he started dedicating his time to his own music, stringing together various strands of pop-infused techno and house and translating them into his very own stream of groove consciousness.

Gui's first full-length album, the much-acclaimed “”Chromophobia””, was released in 2007 through Kompakt and became an instant success, thanks to its lush melodies and enthralling beats. After 3 full-length albums under his belt - and with remixes and additional productions for Massive Attack, Bomb The Bass, Pet Shop Boys, Goldfrapp and Moby amongst others -, Gui unveiled his 4th album “Abaporu” in 2014.

An exotic and colorful journey into sound, it spreads over 13 richly orchestrated club tracks that display the same penchant for ridiculously catchy melodies and infectious rhythms as his earlier work. “Abaporu” also illustrates Gui's growing preoccupation with expertly tailored vocals or finely tuned guitar interludes - updates to his sonic vocabulary that already lead to the fantastic 2014 summer singles “Take Control” and “Too Late”.

His very own imprint D. O. C. launched in 2013 - distributed by Gui's mother label Kompakt, it quite simply advocates timeless music. Directly mentoring and producing new Brazilian artists like the massively talented duo Elekfantz, Gui emerges in yet another role that finds him at the top of his game, doing what he does best: rewiring the electronic circuits that connect European and US dance music to his own - and our - liking.


【Into The Woods vol.7 feat. Gui Borattoのエントランスフィーを特別価格1,500円に - ARCオープニングキャンペーン】

ARCからのお知らせです。”Into The Woods vol.7 feat. Gui Boratto"では、ARCのオープニングキャンペーンの一環といたしまして、今回も特別優待をご用意いたしました。全ミュージックフリーク待望のGui Borattoの来日公演。こちらの通常エントランス価格を1,500円に、さらにARCのFBページへいいね!をしていただいている方は1000円でご入場いただける企画となっております。

ARC FBページ: https://www.facebook.com/ARC-116542968681452/?fref=ts

ARCエントランスにていいね!をご確認させていただきますので、モバイル、タブレット等の画面をご提示ください。この貴重な機会をARCが誇るVOIDのサウンドシステムで体感してください!

※20歳未満の方のご入場はお断りしております。 ※ご入場には顔写真付きID(免許証、パスポート、住基ネットカード等)が必要です。お持ちでない場合にはご入場いただけません。

”ARC Tokyo”
Guest:
GUI BORATTO (C.O.D. / Kompakt)

Resident:
YØSHI (Into The Woods / Clione)
SCHARRE (Kompakt)
GORO (Arabesque Greenling / Snows On Conifer)

"ARC Room"
Nagai(Arabesque Greenling / Snows On Conifer)
Tomoya Watanabe(Brightness)
Kamekawa
Monta(Harvest dance)
Sugihara

Planner: BANANA

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat