2人のマエストロ、フロアを満たす多種多様

2016.10.07 Fri TEXT:BANANA CATEGORY:PRODUCT

このPRODUCTの申し込み受付は終了しております。

UKのダンスミュージックのオールドスクールとニュースクールを繋ぐ唯一無二のプロデューサー/DJ、Sam ShepherdことFloating Pointsが、本邦初となるバンドライヴを披露する同夜にContactではDJを披露する。昨年発表したアルバム「Elaenia」を始め、膨大な音楽的背景から引き出される独創性や実験性によってコンポーザーとして世界的に絶賛されている一方で、彼が主宰するメインレーベルEgloとリイシュー専門のMelodies、及び彼が追求しているDJは、ジャズやブラジリアン、アフロなどを豊富に吸収し、遊び心たっぷりかつマニアックな解釈でもってスタイルを成している。また同様に、南アフリカ、シカゴハウスやソウルといったバックグラウンドを持つAlan AbrahamsによるプロジェクトPortableが登場。繊細な電子音による複雑なレイヤーと自身の気だるいヴォーカルで発露する内省的な感情をダンスミュージックの枠組みに落とし込み、ソウルミュージックの未来史との接続をも試みているともされる最新ライヴセットは必見だ。


10/7(金)
Floating Points DJ set / Portable Live
10PM | ¥3500 w/f ¥3000 GH S members ¥2500 Under 23 ¥2000 Before 11PM ¥1000


Studio:
Floating Points (Eglo records | from UK) -DJ set
Portable - Live
Toshiyuki Goto
CMT (Powwow)

Contact:
Shhhhh
DJ Kuri (Black Forest)
Nao (rural | addictedloop)
Toshiki Hiwatashi (Creature)
Qmico


Floating Points
マンチェスター出身、現在はロンドンを拠点にプロデューサー兼コンポーザー、そしてDJ としても活動するフローティング・ポインツことサム・シェパード。2000 年代後半に制作活動を開始し、数多くのEP やシングルのリリース、レーベル〈エグロ〉の運営、数多くのプロデュースやリミックス・ワーク、世界中でのDJ ツアーを通じ、現在ではエレクトロニック・ミュージック界において孤高のポジションを築いた。University College London にて神経科学の博士号を持つこの異色音楽家は、その高度な音楽性や独創性、先進性や実験性において、既にマシュー・ハーバート、シネマティック・オーケストラ、フォー・テット、セオ・パリッシュらビッグ・アーティストたちにも比類し得る輝きを放つ。2015年に満を持してリリースしたファースト・アルバム『Elaenia』が世界的賞賛を集め、新進気鋭の音楽家として着実にキャリアと人気を築き上げているフローティング・ポインツ。今年8月には最新EP『Kuiper』のリリースも控えている。

<Floating Points & Four Tet - Final Plastic People 2 1 2015>

Portable
本名Alan Abrahams。複雑に絡み合う電子音によるテクスチャーを舞台にして、ダンスフロアに陶酔をもたらしながら、自らの気だるいボーカルに乗せて感情を発露させる未来型ソウルミュージックを提唱し続けるミュージシャン。アパルトヘイト後のケープタウンで幼少期を過ごした彼は、シカゴハウスの台頭に合わせて1997年にロンドンへ移住し、それまでに培ってきた自身特有の感性を体現するため、Portableとして制作を始める。2000年代前半のクリックサウンドを牽引したレーベルBackgroundから初期作品を発表後、Leratoと共にセルフレーベルSüd Electronicを始動。2007年のアルバム『Powers of Ten』に先駆けてリスボンへ拠点を移した彼は、Bodycodeとして、Portable名義における強烈なテクスチャーを肉体的感覚で際立てることで、よりダンスフロアに根付いたサウンドを指向するようになった。同時期から自身のボーカルが大胆にフィーチャーされるようになり、Perlonから発表された2011年の大作『Into Infinity』へと結実する退廃的ソウルミュージックの礎が形作られた。今夏に発表された『Alan Abrahams』では、そのタイトルに呼応するかのように、別れと出会いなど極めてパーソナルな内容が綴られている一方で、さらなる表現力を獲得したサウンドデザインと楽曲構成を通じて、独特に紡がれるAbrahamsサウンドの新たな一面が映し出されている。

<Portable "Say it's gonna change">

<RA Sessions: Portable - Stand By / I Reflect Thee | Resident Advisor>

Planner: BANANA

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat