ENIAC 「あなたはいつまで踊り続けられますか?」

2017.02.11 Sat TEXT:BANANA CATEGORY:PRODUCT

このPRODUCTの申し込み受付は終了しております。

"HOW LONG CAN YOU KEEP ON DANCING?"

“統計”をテーマに冨士山アネットが送る、Statistics Project (統計プロジェクト)。

[Attack On Dance][DANCE HOLE]と続き描かれる新作[ENIAC]は、冨士山アネットにダンサーとしてもドラマトゥルグとしても参加してきたダンサーの石本華江と、長谷川寧によるデュオ。1人のダンサーと演出家が向き合い描き出されるテーマは、「芸術家について」。ダンサーの半生を通じ様々な質問と対話を交えて描き出す、身体を基盤に芸術を続けてきた表現者の行く末。

これはドキュメンタリーか、はたまたドラマか。 ​ 不躾さが描きだす、赤裸々な芸術家の答えとは。


ENIAC
(Electronic Numerical Integrator and Computer)

ENIAC(エニアック)とは1946年、アメリカ陸軍の弾道研究室での砲撃射表の計算向けに設計された黎明期の電子計算機(コンピューター)の事です。発表当時の報道では「巨大頭脳」と称され、その計算速度は当時の電気機械式計算機に比べて千倍であったと言われています。その演算能力と汎用プログラム能力に当時の科学者・実業家等は興奮したと言われました。当初、真空管は毎日数本が壊れ、修理には毎回30分ほどかかったと言います。その後改良を重ねていきますが、当時の故障の大部分は電源の投入・切断時に起きていたと言います。その様に直しても直しても壊れ、それでも高みを目指そうとするその人間の原動力は何処から来るのか・・。
冨士山アネットの新作はENIACという当時の発明と徒労に掛かっていた莫大な労力をモチーフに芸術家の徒労を描いた作品です。原初のコンピュータを作り出したエンジニアたちと、様々な舞踊に携わって来たパフォーマー・石本華江のバックボーンを重ね、ダンサーとして生きる事、ダンサーが生きる事を問掛け、ひいては芸術家の徒労とその先に何が見えるのか、 その現状を、様々な数値・統計と共に描き出します。果たして芸術活動は何処からが報われるのか、芸術家と金銭の関係は。

「アーティスト」という活動そのものに視点を当てる作品です。 ​


Timetable & Tickets
2/11(土sat.) 12 : 00 20:00
2/12(日sun.)11 : 00
2/13(月mon.)11 : 00 15 : 00 20 : 00
2/14(火tue.)14 : 00 17: 00

※受付開始は開演の20分前、開場は開演の15分前を予定しております。 ​ 【上演時間/Duration】
70分程度を予定 about 70min.
​ 【料金/Ticket Price】(日時指定・自由席)
一般前売¥2800 当日¥3000
デュオチケット ¥5000(2枚セット/前売のみ)
学生 前売当日 ¥2500(※要証明書)
TPAM特典 ¥300引(一般前売当日共/要TPAMパス提示)

【会場/Venue】
横浜にぎわい座 のげシャーレ
〒231-0064 横浜市中区野毛町3丁目110番1号 B2F
TEL: 045-231-2525
JR線・市営地下鉄線「桜木町」駅下車徒歩3分、「野毛ちかみち」南1番口より80m
京浜急行線「日ノ出町」駅下車徒歩7分


Cast & Staff
構成・演出・振付・出演:長谷川寧
振付・出演:石本華江
​ ドラマトゥルク:山田カイル(抗原劇場)
音楽監督:吉田隆弘
舞台監督:湯山千景
照明:筆谷亮也
音響:和田匡史
宣伝写真:生井秀樹
宣伝美術:太田創(01Ga Graphics)
広報:高橋雅臣
制作協力:松岡真弥
制作:徳永のぞみ+冨士山家
協力:公益財団法人セゾン文化財団
助成:芸術文化振興基金
提携:横浜にぎわい座
主催:冨士山アネット


長谷川寧/Ney Hasegawa
構成 演出 振付 出演

作家・演出家・振付家・パフォーマー
2003年冨士山アネット設立。パフォーマンスを軸に、大胆な空間演出により創造的なヴィジュアルを表現するボーダーレスな作品作りを意識し、国内外にて活動中。
代表作として[シャウレイの十字架](2013)[The Absence of the City](2013) [Attack On Dance](2014/16)[DANCE HOLE](2016)等。外部の構成演出振付作品として、[光のない。](作:エルフリーデ・イェリネク/2011) [死刑執行中脱獄進行中](原作:荒木飛呂彦 共同振付:森山未來/2015) 、[歌劇 BLACKJACK](原作:手塚治虫 音楽監督:宮川彬良/2016)等を手掛ける。振付家としてフジファブリック、bonobos、EGO-WRAPPIN’等ミュージシャンへの振付提供の他、映画[海月姫]、TVドラマ[アラサーちゃん 無修正][その“おこだわり”私にもくれよ!!]等映像作品にも多数参加。国内外問わず、精力的に活動中。

石本華江/Kae Ishimoto
振付 出演
代々日本舞踏をを嗜む一家に生まれるが、4歳にてダンスを志望。以来ジャズ、モダン、コンテンポラリーダンス、演劇、インド、ジャワ舞踊なども始める。東洋的な身体性とボーダーレスな感覚で、舞台上での存在感の強さには定評がある。 02年より和栗由紀夫の元で舞踏を学ぶ。ソロ舞踏作品『半分少女』にてアジア、ヨーロッパ8カ国ツアーを行った。近年は土方巽の作舞法「舞踏譜」を現在に伝えるために研究会POHRCを日英にて3カ年に渡り主催。
Co.山田うん、レニ・バッソ、パパ・タラフマラ、冨士山アネット、木ノ下歌舞伎の作品の他に、dreamthinkspeak(英)、ユーリ・ン(香港)、Amareya Theatre(ポーランド)など海外カンパニーへの出演も多い。妄人文明、SUNDRUMのメンバーとして音楽家と共同制作を行い、国内外で活躍中。
近年はドラマトゥルクとして、冨士山アネット[Attack On Dance](2014/16)[DANCE HOLE](2016)、ArCairo(いいむろなおき×長谷川寧)[Phantom Form,Invisible Move](2015)等に参加。

オフィシャルサイト
http://fujiyamanet.wixsite.com/eniac

Planner: BANANA

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat