数々の熱狂と感動を届けてくれた巨星が魅せるAIRラストプレイ

2015.11.27 Fri TEXT:BANANA CATEGORY:PRODUCT

このPRODUCTの申し込み受付は終了しております。

先日発表されたAIRクローズのニュースは、少なからぬ衝撃をもってシーンに受け止められたことだろう。そしてこの日、AIRが終焉を迎える前に絶対にブースに立ってもらわなければならないアーティストの1人が登場する。Francois K.。70年代後半からの永いキャリアの中で、絶えずスタイルを進化させながら先鋭的サウンドを発信し、世界のハウス/テクノシーンへ多大な影響を与え続けてきたその功績は、今さら説明する必要もないはずだ。ここAIRでも数々の奇跡の瞬間を創出してくれた巨星が魅せるラストプレイを、どうか心ゆくまで堪能し尽くしてほしい。かつてない大きな感動が、きっとそこにあるはずだから。

Francois K.

1970年代後半から現在に至るまで常にダンス・ミュージック・シーンの最先端で活躍を続ける驚異的アーティスト、Francois K.。フランスで生まれ育ち、1975年に渡米しNYをベースに活動を始める。伝説的クラブ"Galaxy21"において、Walter Gibbonsのプレイに合わせてドラムをプレイし、その後NYやNJの有名クラブでレジデントDJとしてプレイ。他にも"Loft"、"Paradise Garage"等の伝説的クラブへゲストDJとして度々出演している。また、70年代後半から80年代前半にかけてNYサウンド黄金期を代表するレーベル[Prelude records]でD Train、Sharon Redd 、Misique 等のリミックスを手掛け何れも大ヒットを記録。他にもKraftwerk 、Mick Jagger、Depeche Mode、Underworld等様々な大物アーティストのリミックスを多数手掛けている。1987年には、[Axis Studio]を設立し、90年代初頭には一時休止していたDJとしての活動も再開。1992年には伝説のDJであるLarry Levanの生前最後の日本ツアー"Harmony Tour"で共にプレイしている。1994年、レーベル[Wave Music]を設立。Francois K、Floppy Sounds、Fonda Rae、Mato、Blue 6等多数のアーティストの作品をリリース。1996年からは、Danny Krivit、Joe Claussellと共にサンデー・アフタヌーン・パーティー"Body & Soul"を開始。世界で最も音楽的影響力を持つパーティとしてDJやダンス・ミュージック・ファンから認知される。2003年、ダブをコンセプトに"DEEP SPACE"というパーティを開始。ジャマイカン・ルーツ・ミュージックであるダブ、そしてそのダブという自由なコンセプトの基にセレクトされた幅広い楽曲をプレイし、NYで話題のパーティーとなっている。2010年以降、楽曲制作やリミックス作品は減ったものの数々のミックスCDを制作、最新作は2013年のRENAISSANCE"THE MASTER SERIES PART 19"。
パーティごとに全くプレイする楽曲を変化させるFrancoisのDJは、予測不可能で驚きに満ちている。あらゆるジャンルの楽曲を知り尽くした彼は、膨大なコレクションの中からその瞬間のインスピレーションで縦横無尽に楽曲をセレクトし、前人未到のミュージカル・ジャーニーへとオーディエンスを誘う。今は亡きLarry Levanのスピリットを真の意味で受け継ぐ希有な存在として、今もって音楽的挑戦を果敢に続けている生きる伝説だ。
http://www.wavemusic.com/

MAIN FLOOR:
Francois K. (WAVE MUSIC | from NY)
Toshiyuki Goto

LIGHTING:
MACHIDA (LS WORKS)

2ND FLOOR: ROUNDHOUSE FLOOR
REMI (DAWD)
NEBU SOKU
WATARU SAKURABA
SINO (DAWD)
OKAYAMA (Oshiga Club)
haraguchic (DAWD | FFF)

NoMad:
TBA

10PM | ¥3500 w/f ¥3000 AIR members ¥2500 Under 23 ¥2500 Before 11:30PM ¥2000

Planner: BANANA

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat