東京から少し足を伸ばすと、そこは完全なリゾートだった。ZIPANG TOUR レポート

2015.06.29 Mon TEXT:BANANA CATEGORY:report

6月27日、28日にかけて千葉県の南房総にある白浜フラワーパークにて開催された野外パーティーZIPANG
そのオフィシャルツアーとして、BANANAツアーを実施。土曜日のお昼から日曜日まで約26時間、雨予報を裏切る素晴らしい快晴に恵まれた体験だった。

渋谷セルリアンタワー前を出発したバスでは、さっそくZIPANGよりスパークリングワイン「ネブリナ スパークリング 」そしてイエガーマイスターが振る舞われて、真っ昼間より楽しい楽しいオトナの遠足状態。バスの中ではDIEZONE RADIOによるパフォーマンスが繰り広げられた。徐々にお酒も入り、東京を抜け、海沿いの道、田園風景にさしかかった辺りからDIEZONE RADIOが車内を一つに。TRFのBOY MEETS GIRLに始まり、SUPERCAR、Judy and Mary、Wandsまで参加者の平均年齢を知っているかのような懐かしいヒットチューンを連続してドロップ。不思議な盛り上がりとともにバスは現地に到着する。あっという間の移動。さすがはDJ ユニットBLACK SHIP(SUNNY)として、去年 IBIZA PACHAにも果たしたDJ。盛り上げ方が素敵である。

さて、現地ではBANANA専用エリアとして会場の文字通りど真ん中にドーム型のテントを用意し、そこで早速の酒盛り。各々が持ち寄ったお酒や、デコレーションをしながら、パーティーは進む。初めて出会ったのにこうやってすぐ打ち解けられるのもフェスティバルが持つ一つの力であって、雨予報の天気と良い、参加者のオープンマインドな空気と良い、素晴らしい魅力に溢れたZIPANG。実際に各フロアで遊ぶお客さんも、オトナびいた落ち着いた人が多く、リゾートフェスの空気を出していた。フロアに併設されたプールに飛び込む人々、Upperフロアでの攻撃的かつサイケデリックな展開、植物園の中、不思議さ満点のJungleフロア、ここはどこだと思わせる作りは圧巻。

そうこう探検していると、太陽は19時頃に太平洋に沈んでいき、空をオレンジ、そして赤く染め上げる。遠くにはっきりと見える富士山、押し寄せては引き、水面に映る人影を連れ去る波、遠くに見える船、心地よく吹きつける風、色、風、気温、それぞれにはっきりとした時間の移り変わりを感じさせされる。普段では感じることのできない野外ならではの体験だ。それと同時にフロアは早い時間帯からペースを上げていき、そのまま12時を迎える。ARTMAN、KEIHIN、DJ NOBUと陽が落ち、赤く、青く、怪しく光るフロア二畳み掛けるようなテクノでフロアはずっと満員。そしてKoru Inoue、DJ Yogurt、DJ YU-TAと太陽が上るのに合わせてフロアはどんどんとハウスミュージックへ。

気がつけば外は青い空が広がる快晴。

美味しいKIYOYAの欧風カレーや地元館山のHAMASAKI COFFEEでのんびりしては、東京へ。

帰りも終始盛り上がりは冷めず、参加者同士でアフターパーティーへお出かけする様子も。天気にも恵まれ素敵な第一回となったZIPANG。引き続き素敵なリゾートフェスを提供してくれるだろう。次回が楽しみだ。

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat