TodaysArt JP 2015を楽しむための徹底ガイド [東京:9/5〜13] [神戸9/19〜23]

2015.09.03 Thu TEXT:BANANA CATEGORY:column

TodaysArt」は、オランダのデン・ハーグ発、今年は4カ国9都市で開催される11年目を迎える先端アートの祭典だ。いよいよ東京での9/4(金)恵比寿LIQUIDROOMでのプレイベントを皮切りに、9/5(土)〜13(日)天王洲アイルでの本開催となる。神戸では9/5(土)TROOPCAFEにてプレイベントが開催され、その後9/19(土)〜23(水)までの5日間、神戸アートヴィレッジセンターにて開催される。

会期中はパフォーマンスに参加型プロジェクト、シンポジウム、などなど会期中いつ来ても違うコンテンツを楽しめる充実の展開!またJeff Millsによスペシャルなスピンオフ企画が東京で9/18(金)に、神戸で9/19(土)に予定されている。

いよいよ、開催目前となったTodaysArt JPを作品別に徹底ガイドする。

日程別スケジュール一覧・チケット情報はコチラから

東京 http://bnana.jp/products/todaysartjp-2015-tokyo/
神戸 soon

==================================

Launching Party

長きに渡りデトロイト・テクノ・シーンを牽引し、共にジャンルを超えて世界中のアーティストたちに影響を与え続けるCarl CraigとMad Mike (UR)によるスペシャル・ユニットが登場。2007年、突如、ジョイント・ライブをパリで敢行し、各界の話題を独占するも音源1枚をリリースして沈黙。そして、いよいよ昨年から活動を再開し、欧米の主要フェスにて、アップデートしたライブ・パフォーマンスを披露。待望の日本初公演が実現.

東京:9/4(金)恵比寿LIQUIDROOM
http://bnana.jp/products/todaysartjp-2015-launch-party-tokyo/

神戸:9/5(土)TROOPCAFE
http://bnana.jp/products/todaysartjp-2015-kobe-launching-party/

==================================

Performances
それぞれ一夜限りの特別プログラム!※それぞれチケットが必要。

Morton Subotnick and Lillevan [US/DE]

[東京] ライブ・パフォーマンス:9.11(金) 21:00-22:00 会場:寺田倉庫 G1-5F
[東京] スペシャルレクチャー+ライブ・パフォーマンス:9.13(日) 17:30-19:30 会場:寺田倉庫 G1-5F
[神戸] ライブ・パフォーマンス:9.20 (日) 会場: 神戸アートビレッジセンター / 2F ホール

現在のテクノ・ミュージックに多大な影響を与え、またエレクトリック・ミュージックの始祖の1人とされているMorton Subotnickが、気鋭の映像作家Lillevanとともに登場。長きに渡り多くのファンから来日を熱望され続けてきたレジェンドが、独創的な音と映像引っさげいよいよ待望の日本初公演を果たす。


NONOTAK (Noemi Schipfer + Takami Nakamoto) [FR] “Late Speculation”

[東京] ライブ・パフォーマンス:9.11(金) 19:00-20:00 会場:寺田倉庫 G1-5F
[神戸] ライブ・パフォーマンス:9.21(月) 会場: 神戸アートビレッジセンター / 2F ホール

2011年の始動以降、革新的な世界観とユニークなアプローチで、瞬く間に世界中で注目を集め、今やメディア・アート界の新星として躍り出たNoemi SchipferとTakami Nakamotoによる話題のユニットNonotak。今回は本邦初公開となるライブ・パフォーマンス。


Soichi Terada [JP]

"Two Faces of Soichi Terada : Omodaka / Japanese House Origin"
[東京] ライブ・パフォーマンス:9.13(日) 20:30-22:00 会場: 寺田倉庫 G1-5F

ジャパニーズハウス、伝説のプロデューサーと評され、ヨーロッパで再発見される形でリスペクトを集める寺田創一氏の魅惑的な二面性を体験できる TodaysArt.JPスペシャルセット。


TodaysArt.JP + AXIS presents TodaysArt.JP SESSIONS #02: Jeff Mills [US/FR]

EXHIBITIONIST 2 - The Tokyo Session featuring Yumiko Ohno, Kenji Hino and Gerald Mitchell
[東京] ライブ・パフォーマンス:9.18(金) 20:00-22:00 会場: 寺田倉庫 G1-5F
[神戸] ライブ・パフォーマンス:9.19 (土) 会場: 神戸アートビレッジセンター / 2F ホール

デトロイト・テクノを深化させた「ミニマル・テクノ」という手法を編み出し、世界中のDJ / プロデューサーに影響を与えるJeff Mills。近年は「コンセプチュアル・テクノ」という世界観の下作品群を発表している。また、ルーブルの月間企画展のキュレーターを半年に渡り務めるなど、テクノというジャンルにわれずに、テクノという音楽表現のエッジを拡大し続ける革新的なアーティストの一人と言える。今回は、彼が音楽表現活動に向かうとき、何を想い、考えているのかというテーマで制作された映像作品「Exhibitionist 2」の特別編。6月にルーブルで初演され話題となった、映像〜ライブ・パフォーマンスという構成で展開するプログラムの日本初公演となる。

==================================

Installations
全作品本邦初公開、世界基準のインスタレーション

Kimchi&Chips [UK/KR]

"LIGHT BARRIER 2nd EDITION"
[東京] 展示期間:9.5(土)-13(日) ※11日(金)、13(日) 11:00-13:00までの展示 会場: 寺田倉庫 G1-5F

UKと韓国のデュオ、Kimchi&ChipsによるLight Barrierは、 昨年の発表以来、世界中のアート・フェスティバルで絶賛されている作品であり、本邦初公開となる。 精密にコントロールされたプロジェクションとミラーの 反射により、空気中に無数の光線を交差させ、時間と空間を 活性化させるかの如く、空中にグラフィックを浮かび上がらせる。


Wolfgang Bittner [DE] + Lyndsey Housden [UK] + Yoko Seyama [JP] + Jeroen Uyttendaele [BE]

“Plane Scape”
[東京] 展示公開:9.5(土)-13(日) 会場: 寺田倉庫 G3-6F
[神戸] 展示公開:9.19(土)-23(水) 会場: 神戸アートビレッジセンター B1F シアター

欧州で活躍する若手作家4人組によるコラボレーション作品「Plain Scape」。緻密な計算によって垂直に張り巡らされたストリングスに、音響とシンクロさせた光の線が照射されることによって作り出される幻想的な空間アート作品。重力すら忘れてしまうほどの圧倒的な世界観を体験していただきたい。


Norimichi Hirakawa[JP]

"the indivisible (prototype no.1)"
[東京] 展示公開:9.5(土)-13(日) 会場: 寺田倉庫 T-Art Gallery

コンピュータ・プログラミングによるリアルタイム処理を用いた映像音響インスタレーションを中心とした作品群を国内外の美術展、メディアアート・フェスティバルで発表し、2004年度文化庁メディア芸術祭優秀賞、アルス・エレクトロニカ2008準グランプリほか受賞多数。池田亮司のコンサート・ピース制作への参加などでも知られる平川紀道氏のオーディオビジュアルインスタレーション新作が初公開。※公開される作品は新作であり、掲載画像の作品とは異なる。


環ROY | Tamaki Roy [JP]

"Types"
[東京] 展示公開:9.6(日)、9.10(木)、9.11(金)、9.12(土) 会場: 寺田倉庫 T-Art Gallery

ラッパー/トラックメイカーとして主にポピュラーミュージックの領域で活動してきた『環ROY』が音楽と美術、パフォーマンスとインスタレーション、パブリックとプライベートの境界に焦点をあて、ミュージシャンとしての視点から作品を発表する。


NONOTAK (Noemi Schipfer + Takami Nakamoto) [FR]

“DAYDREAM v4”
[東京] 展示公開:9.7(月)-13(日) 会場: 寺田倉庫 G3-6F
[神戸] 展示公開:9.19(土)-23(水) 会場: 神戸アートビレッジセンター B1F シアター

2011年の始動以降、革新的な世界観とユニークなアプローチで、瞬く間に世界中で注目を集め、今やメディア・アート界の新星として躍り出たNoemi SchipferとTakami Nakamotoによる話題のユニットNonotak。 今回は本邦初公開となる代名詞的なインスタレーション作品の最新版をひっさげての参加。


Chris Salter + TeZ+ Valerie Lamontagne [CA/NL/IT]

“iLinx”
[東京] 展示公開:9.5(土)-12(土) 会場:寺田倉庫 G3-6F ※参加は予約制
予約はこちらから⇒ http://doodle.com/bkh2443ieqenen99

複数のバイブレータが仕込まれたオリジナル・スーツと、淡い光だけを知覚できるフェイス・ギアを身にまとい、音と光がちりばめられた暗闇の空間を、一本のガイド・ストリングスだけを頼りに動き漂う体験型メディア・アート作品。日本の禅や密教の死生観に影響を受けたという本作、昨年のオランダ開催時は、予約が殺到して長蛇の列を生み出し話題となった。本邦初公開作品。※要予約*

==================================

symposium/talk sessions
各界のクリエイター、有識者たちが繰り広げる刺激的文化空間
※パスをお持ちの方はどなたでもご参加可能。混雑時は先着順。

文化庁メディア芸術祭 presents レクチャー「メディア芸術祭の20年」

[東京] 開催日時:9.6(日) 13:00-14:30 会場: 寺田倉庫 terratoria

出演:
・岡部あおみ(美術評論家、平成24年~26年 文化庁メディア芸術祭アート部門審査委員)
・佐伯知紀(映画・メディア芸術研究者、前文化庁主任芸術文化調査官)
・脇本厚司(文化庁メディア芸術祭事務局(CGアーツ協会))


アーティスト・トーク「Kimchi&Chips + Daito Manabe」

[東京] 開催日時:9.6(日) 19:30-20:30 会場: 寺田倉庫 terratoria

出演:
・Elliot Woods (Kimchi&Chips)
・Mimi Son (Kimchi&Chips)
・真鍋大度 (ライゾマティクス)


シンポジウム「クリエイターが考える 妄想的アーバンデザインのかたち」

[東京] 開催日時:9.13(日) 15:00-17:00 会場: 寺田倉庫 terratoria

出演:
・石崎雅章 (TodaysArt JAPAN代表)
・齋藤精一 (ライゾマティクス 代表取締役)
・齋藤貴弘 (弁護士、C.M.C *Creative Music and Culture Open Source Network)
・中西玲人 (アメリカ合衆国大使館 文化担当官補佐)
・伏谷博之 (TimeOut TOKYO 代表取締役)
・司会:小崎哲哉 (REAL TOKYO / REAL KYOTO 主幹)

==================================

Collaboration projects
入場料無料の参加型プログラム

フェスティバルFUKUSHIMA!presents 納涼!盆踊り in TodaysArt.JP 2015 TOKYO

出演:大友良英盆踊りビッグバンド、プロジェクトFUKUSHIMA!盆バンド、珍しいキノコ舞踏団、DJフクタケ and more...

[東京] 開催日時:9.12(土) 15:00-19:00 会場: 東京海洋大学グラウンド 入場無料

先の震災で消えた、街の人々の元気な気持ちを、音楽や踊りで取り戻そうと福島出身の著名アーティストたちが地元の仲間と始めた「プロジェクト FUKUSHIMA!」。その発展系として生まれた「納涼!盆踊り」。ビッグバンドの盆踊りにのせて踊り、笑う!「天王洲」に、今、新しい祭り届けられる。


INGRESS × TodaysArt.JP コラボレーション [東京]

http://bnana.jp/mags/todaysartjp-2015-tokyo-ingress-power-cube/

コラボレーション企画 1 :Get Free Pass! 「TodaysArt.JP Special Mission」
「テクノロジー」「都市」「回遊性」などのコンセプトを共にするINGRESSとのコラボレーションが決定。 天王洲にあるポータルを巡るTodaysArt.JPスペシャルミッションをクリア後、チケットカウンターにてLv2以上であることを提示頂くとOne Day Pass(1000円)を無料にて進呈。

コラボレーション企画 2 : Power Cube Special Exhibition メディア芸術祭会場でのみ公開された「パワーキューブ」のインスタレーションがフェスティバル会場にて限定公開。 第18回文化庁メディア芸術祭、エンターテイメント部門で大賞に選出された際に、会場のみで公開されたリアル パワーキューブが会期中特別展示。インスタレーションであると同時に、実際に「啓示の夜のパワーキューブ」としてINGRESS上でのポータルとなり、前回展示以降、世界のどこに出現されるかとユーザー内で噂になっていた話題の的がいよいよ東京天王洲に現れる。

==================================

東京会場の天王洲アイル一帯は各会場間が近く動きやすい。また品川駅から歩いて移動可能な距離であり、渋谷からも電車で10分強の距離だ。一帯には醸造所を併設したブルワリーレストランT.Y. HARBORもありデートにも最適。
また、キャナルガーデンにはたくさんの飲食店と休憩スペースがあるため、のんびりと快適に過ごす環境も整っている。また神戸も複合文化施設「神戸アートビレッジセンター」を舞台、神戸ビエンナーレ内での開催となり濃厚な時間を過ごせる。

ドリンク片手に賑やかに最先端のアートと貴重なパフォーマンスを楽しむ。そんな贅沢な過ごし方をしてみてはいかがだろうか。

日程別スケジュール一覧・チケット情報はコチラから

東京 http://bnana.jp/products/todaysartjp-2015-tokyo/
神戸 soon

オフィシャルサイト
http://www.todaysart.jp/

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat