rural 2014出演 Plasterインタビュー「ruralは最高のパーティだと思っているよ!」

2014.07.11 Fri TEXT:BANANA CATEGORY:news

7月19日-21日にかけて開催されるRural 2014に出演するPlasterにインタビューを行った。

★ruralの詳細はこちら→ http://bnana.jp/products/rural2014

ついに日本初登場となる、Plasterに楽曲制作のこと、機材のこと、ライブセットのこと。

そして、レーベルとの関係、アーティストとしてどんなことを考えているのか、

またrural出演についてどう思っているか、インタビューを行った。

彼は7月20日(日付上は21日)01:30〜 Open Air Stageに登場する。

-Can I ask you about yourself? real name, where are you from and where do you live now etc...

-まずはあなた自身に事について教え下さい。本名、出身、今住んでいる場所などについて。

Yep : ) I’m Gianclaudio Hashem Moniri, i'm born and live in Rome. Italian and Iranian origins and I work as sound engineer for Dubbing and Mastering.

-もちろん。僕の本名はGianclaudio Hashem Moniri、生まれも今住んでいる場所もローマさ。イタリアとイランの血を引いていて、ダビングとマスタリングのサウンドエンジニアとして日々働いているよ。

-When did you start to produce electronic music? Please let me know your background. Did you affected by any particular musician?

-あなたがエレクトロニックミュージックを作り始めたのはいつですか?またあなたの音楽的なバックグラウンド、特に影響を受けたアーティストなどについて教えてください。

-I started to make my first experiments with music at the age of 16. In that period I had my first computer with Cubase VST installed. I used to record my guitar along with a mini drum machine that was working only trough internal presets. I liked to make some electro rock songs with several layers of fx. Everything was very brutal but genuine in some way. My influences where mostly based on psychedelic rock bands.

-僕が初めて音楽を作り始めたのは16歳の時だ。その時僕はCubase VSTがインストールされた僕の最初のパソコンを持っていて、ギターに内蔵のミニドラムマシーンのプリセットだけを合わせてレコーディングしたりしていたよ。当時はいろんなエフェクトを使ってエレクトロロックの曲を作るのが好きだったんだ。このやり方で作っていた曲はすべて粗っぽかったけど、とても純粋だったよ。僕が大きく影響を受けていたのはサイケデリックロックバンドだったんだ。

-You play both AV Live set and Audio Live set. How does AV change your live set?

-あなたはAV(Audio Visual)を使ったライブセットとAudioだけのライブセットを行いますが、AV(Audio Visual)はあなたのライブセットにどのような変化を加えるのでしょうか?

-It depends on the show. If is a live set in a club I usually send the audio out to my collegue Lasal and he manages the video stuff by analizing the audio source. This is easier to do because we’re both free from the sync and there is space for improvisations. In other cases like dedicated festivals or a particular project, the process is more difficult because we have to prepare the setup and managing the sync from midi to video, which sometimes can carry some problems : )

-それはショウに寄るだろうね。クラブでのライブセットの場合、僕は相方のLasalの方にオーディを出力して、彼がオーディオソースをアナライズして映像をコントロールするんだ。

この方法はとても簡単で、僕らはシンク(同期)する必要がなく、お互いに自由に即興的にライブができるんだ。一方、より特定の内容に特化したフェスティバルやプロジェクトなどの場合はもっと複雑で、僕らはmidiとオーディオがシンク(同期)するようにセットアップしなければいけなくて、それによって時に問題が起こる事もあるんだよ(笑)。

-You released for many labels like Stroboscopic Artefacts, Touchin'Bass, Kvitnu, SonuoS, Crazy Language, and etc, How do you select the labels??

-あなたはStroboscopic Artefacts、Touchin'Bass、Kvitnu、SonuoS、Crazy Languageなどの多くのレーベルから楽曲をリリースしていますが、どのようにしてリリースするレーベルを選んでいるのですか?

-To be honest I’ve never selected a label. I don’t really like to send demos or ask several times at the same person for releasing my music. Luckily i had the chance to publish my stuff with good labels because in both cases there were a mutual interests for developing something special.

-正直なところ、僕はレーベルを選んだことは一度もないんだ。自分の楽曲をリリースするためにレーベルにデモを送ったり、何度も同じ人にお願いしたりするのも好きじゃない。

ただ僕とそれぞれのレーベルとの間での双方の興味と何か特別なものを創り上げたいという思いがマッチし、素晴らしいレーベル達から楽曲をリリースできる幸運に恵まれただけなんだ。

-You're also known as Kaeba. What is the difference btw Plaster and Kaeba??

あなたは”Kaeba”というアーティスト名でも活動されていますが、Plaster名義とKaeba名義での活動にはどのような違いがあるのでしょうか?

-Till few months ago the main difference was that for Plaster we were a duo comprising of Giuseppe Carlini and me. At the moment he’s in pause so in both cases is a kind of solo project. I’m developing Plaster for my experimental side and Kaeba for something easier in music terms.

-数か月前まではPlasterはGiuseppe Carliniと僕のデュオで、Kaebaは僕のソロの活動いう違いがあったんだけれど、今Giuseppe Carliniは活動を一時休止中なので、どちらも今は僕のソロ活動の一環となっているんだ。Plasterは僕の実験的な試みを表現するもので、Kaebaはよりストレートに音楽を表現する、といった使い分けをしているよ。

-Have you been to Japan before or Asian country?

-これまで日本やアジアの国々に来られたことはありますか?

-I’ve never been in Japan but last year I’ve been invited to On-site Festival in Taiwan, so It's my second time in Asia : )

-日本にはまだ行った事はないんだけど、去年台湾のOn-siteフェスティバルに招待されたよ。今回でアジアは2度目になるね。

-What's your image of Japanese electronic music scene to be honest?

-日本のエレクトロニックミュージックシーンに関してどのようなイメージを持たれていますか?

-I have an oniric view of electronic music/composers from Japan and I like this image, it's a polite language but intense at the same time. I like also Japan's labels like Progressive Form and Murmur Records.

-日本のエレクトロニックミュージック、楽曲には幻想的、夢想的なイメージがあって、僕はそういうイメージが好きなんだ。上品さと同時に強烈な激しさを感じさせてくれるね。Progressive FormやMurmur Recordsなんかのレーベルは大好きだよ。

-Any special interested artist from this rural festival? if so, Can I ask you the reason?

-rural2014の出演アーティスト、環境、内容などに関して何か印象はありますか?

-For the 2014 I’ve noticed that the lineup it’s not announced yet. From last edition for sure I have my thumbs up for Brando Lupi and Neel which are friends of mine and I really enjoy their stuff.

- ruralには確か過去に僕の友人のBrando LupiやNeelが主演していたりするよね。最高のパーティだと思っているよ!

-Can you show me your studio photo? How do produce your track? Mainly Abelton Live with Modular Sync etc...

-あなたのスタジオの様子を見せてもらえませんか?また楽曲は主にどのような機材で制作してるのでしゅか?

-Yes sure. I produce music with Ableton Live as audio/midi sequencer, a Roland Sh 101, electric guitar, electric bass, the Ipad and the Iphone (running several music apps), wood and metal objects processed. I usually put my audio sources on a multi Fx pedal guitar from early 2000’s and trough a Lexicon processor. Even more I love to sample sounds or dialogs from movies and old etnic records.

-もちろん!オーディオ/midiシーケンサーとしてAbleton Live、Roland SH-101、エレキギター、エレキベース、iPadとiPhoneのいくつかの音楽アプリ、加工処理された材木や金属を使って制作しているよ。2000年代の初め位からは、たいていの場合オーディオソースをマルチエフェクトのギターペダルに送り、レキシコンプロセッサーを通すようにしているね。さらに言えば、映画や古い民族音楽のレコードのサンプル音源や会話部分などを使うのも大好きだね!

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat