10年振りのMASTERS AT WORK来日公演。注目のアーティスト・ラインナップを発表

2016.10.21 Fri TEXT:BANANA CATEGORY:news

10年振りの奇跡の来日公演が11月19日(土)にageHaにて開催されるMASTERS AT WORK。その存在は世界でも唯一無二。ハウスミュージックを軸に音楽の可能性を強力に拡げた史上最強のユニットである。そんなスペシャルな公演にMAWに加え、ライティング・マスターAriel、日本国内からDJ NORI, FORCE OF NATURE, HIROSHI WATANABE a.k.a. KAITO, やけのはら, MONKEY TIMERS, Kaoru Inoue, 高橋透, Dazzle Drums, DJ Yogurt, Inner Science, Midori Aoyama, 青野賢一, LO:BLOC a.k.a. DJ SODEYAMAといった特別な1日にふさわしいラインナップが発表された。

サルサやラテンを背景に持ちグラミー賞も獲得しているLouie Vegaと、ヒップホップやレゲエなどのサウンドで、ストリートから強烈な支持を受けているKenny Dope。それぞれの持ち味を落とし込んだMAWの音楽は90年代のデビューから現在に至るまで、ダンスミュージックシーンに与えた影響は凄まじく、既に音楽界の至宝と言われている。
日本での公演はNuyorican Soul名義でのアルバムを控えた1996年に実現。その後、個々で来日公演は定期的におこなわれつつもMAWとしての来日は、多忙なLouie VegaとKenny Dopeのスケジュールを合わせることも、また提示される条件をクリアすることも困難な為、10年を経た2006年のPRIMITIEV INC.設立記念パーティーまで待つことになる。今でも語られる熱狂的な盛りあがりをみせた伝説の日から更に10年、MAWとして3度目の来日公演が遂に現実のものに。世界的に見てもMAWでのパフォーマンスは年に数える程しかなく極めてプレミアムな機会だろう。
さらにMAWのみならず、PRIMITIVE INC.所縁のアーティストたちが多数集結。音楽の真の価値を共有すべく強力なラインナップとなっている。ageHaの昼間という特別な環境の中で屋内と屋外のエリアをつなぎ、VIPからキッズエリアまで併設する充実のホスピタリティーも具現化。大人から子供まで楽しめるダンスミュージックのフェスティバルとなるだろう。PRIMITIVE INC.の10周年とageHaの14周年という特別な日だからこそ実現できる10年に一度の物語が結実する。

PRIMITIVE INC. 10th Anniversary × ageHa 14th Anniversary
MASTERS AT WORK in JAPAN - It’s Alright, I Feel It! -
日時 : 2016年11月19日(土)14 : 00 ‒ 21 : 00
会場 : ageHa@STUDIO COAST
http://www.ageha.com

出演 : MASTERS AT WORK (Louie Vega & Kenny Dope)
Ariel
DJ NORI
FORCE OF NATURE
HIROSHI WATANABE a.k.a. KAITO
やけのはら
MONKEY TIMERS
Kaoru Inoue
高橋透
Dazzle Drums
DJ Yogurt
Inner Science
Midori Aoyama
青野賢一
LO:BLOC a.k.a. DJ SODEYAMA

公式HP : http://mawinjapan.com
当日券:¥5,800-
前売りチケット:
Category 2 : ¥4,800- ▶ 10/5 (水) ~ 10/31 (月)
Category 3 : ¥5,300- ▶ 11/1 (火) ~ 11/18 (金)
*iFLYERでは5人1組のグループチケット限定10組も販売。

clubberia: https://ticketpay.jp/booking/?event_id=5541
iFLYER: https://iflyer.tv/ja/event/272689
RA: https://jp.residentadvisor.net/event.aspx?880774
e+: http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002204110P0030001

KIDS PARK
「風と光と虹のパレード」がプロデュースするKIDS PARKでは音楽に触れながら 小さな子供も楽しめるワークショップ、ナチュラルフードを提供するキッチンカーやスペシャリティーコーヒーなどが出店されます。オムツ替えや授乳スペースも用意しているので安心してご来場ください。日が暮れてからはキャンプファイヤーにも火が灯ります。家族でダンスミュージックを楽しみながら、素敵なモノづくりや美味しいごはんを体験しましょう!

FOOD
THE COFFEESHOP, Banks Café & dining, PRIMALなど

WORKSHOP
「デニムでつくるヌイグルミ」Powered by Lee, 「マラカスづくり」など


MASTERS AT WORK (Louie Vega & Kenny Dope)
Louie VegaとKenny Dopeによる史上最高のユニットMASTERS AT WORK。あらゆる音楽スタイルを吸収してダンスミュージックの最先端を走り続けてきたDJ、そしてプロデューサーチームである。ラテンやアフリカン、ジャズやダンスクラシックを背景に持つLouie Vega、ヒップホップやレゲエなどストリートミュージックがアイデンティティーのKenny Dope。この両者の持ち味をハウスミュージックに、たっぷりと注入したサウンドこそがMASTERS AT WORK最大の魅力だろう。93年に1stアルバム『Masters At Work』を発表後、ヴォーカリストにLuther Vandrossを迎えた「Are you using me」、そして「Beautiful People」や「Love&Hapiness」などMAW初期の代表曲とも言える作品を立て続けにリリース。96年にはセルフレーベルMAW Recordsを設立。翌97年には彼らの多才ぶりを遺憾なく発揮した集大成とも言えるNuyorican Soul名義での『Nuyorican Soul』を発表。大御所Roy AyersやJocelyn Brownなど豪華なゲスト陣の参加も大きな話題を呼んだが、R&Bやソウルに、ラテンやジャズを大胆に吸収した豊潤なサウンドはダンスミュージックシーンに多大な影響を与え、名盤として愛されている。圧倒的な評価を得たMAWのもとにはリミックスの依頼が絶えまなく届き、Madonna、Michael Jackson、Janet Jackson、Jamiroquai、Bjork、Daft Punk、Misia、Tei Towaなどを含め、数え切れないほどの作品を手掛けている。02年にリリースされたMAW名義での2ndアルバム『Our Time Is Coming』は世界中で大ヒットを記録している。ソロ活動も精力的で、06年にはLouie Vegaが過去幾度となくノミネートされた第48回グラミーでベスト・リミキサー賞を受賞。トップ・オブ・トップへと登り詰める快挙を成し遂げた。Kenny Dopeは全編インストゥルメンタルのオリジナル・アルバムを発表。ストリートのカリスマとして君臨し続けている。2014年と2015年にはMAWとして2年連続でUKトップレーベルの人気コンピレーション『House Masters』を手掛け、計8枚のディスクにクリエイションを詰め込んだ。その内容は永久保存盤とも言える内容で、輝かしいNYハウスの調べを奏でている。90年代のデビューから今も天頂で光を放ち続けるMASTERS AT WORK。既に音楽界の至宝と言える存在だろう。

Ariel
ダンスクラブの歴史をDJ以外の文脈で語る場合に外せないのが、楽曲の魅力を何倍にも引き出すライティング・オペレーターたちだ。時に主役であるDJがライティングに誘導されて選曲をするように、スタンスは裏方ながらも楽曲に対する深い知識と高いクリエイションが求められる。そのトップに君臨するのがライティング・マスターことAriel Figueraである。1988年にLarry Levanもプレイしたニューヨークの伝説のクラブTracksでキャリアをスタートさせ、その後、Junior VasquezのSound Factory、Frankie KnucklesやLouie VegaのSound Factory Bar、Danny TenagliaのVinylなど、輝かしいハウスの歴史に光をあててきた。1996年から続き、世界中で展開されているBody & SOUL でもArielの人間味溢れるライティングはパーティーを構成する重要な要素として欠かせないものになっている。現在はFrancois K.の「Deep Space」と、Danny Krivitの「718 Sessions」で彼のライティングを体感する事ができる。

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat