デザインと工業の街ヘルシンキ。文化も建物もリノベーションする象徴的なフェス。Flow Festival

2015.04.07 Tue TEXT:BANANA CATEGORY:column

2004年から始まったフロー・フェスティバル。近年はヨーロッパ各地からも観客が押し寄せ、数万人もの人が普段は静かなヘルシンキの街に集まる。8月だが、もはや季節感は秋。文化の秋を堪能出来る、音楽と文化のフェスティバルだ。

会場となるのが、1907年に建設された火力発電所、スヴィラハティであり、アール・ヌーボーの時代を代表する建築家セリム・リンクヴィストによる、鉄筋コンクリート造の初期の建物であり、まさしく建物のリノベーションだけではなく、街のイメージさえもリノベーションし続ける象徴的な場所である。

街の中心部から少し離れた場所を使い、滞在する人々に街の料理や日常を味わってもらい、そこにおとなしめ添えられるアートたち。北欧のデザインと工業の街ヘルシンキを堪能するには、季節的にも、コンテンツ的にも、そしてタイミング的にもカンペキかもしれない。8月14-16日の3日間開催。

出演するラインナップも最高だ。

8.14. Friday

Major Lazer (US)
The War on Drugs (US)
Run The Jewels (US)
Diplo (US)
Dixon (DE)
Clark (UK)
Elliphant (SE)
Have You Ever Seen The Jane Fonda Aerobic VHS? (FI)
Lännen-Jukka (FI)
Manna (FI)
Vladislav Delay (FI)
+ more to come

8.15.Saturday

Pet Shop Boys (UK)
Róisín Murphy (IE)
Belle and Sebastian (UK)
Future Islands (US)
Years & Years (UK)
ILoveMakonnen (US)
Foxygen (US)
Skepta (UK)
Wiley (UK)
Shamir (US)
Evian Christ (live) (UK)
Regina (FI)
French Films (FI)
Paperi T (FI)
+ more to come

8.16 Sunday

Beck (US)
Florence + The Machine (UK)
Alt-J (UK)
Flying Lotus (US)
Tove Lo (SE)
Tyler, The Creator (US)
Todd Terje & The Olsens (NO)
Future Brown (US)
+ more to come

ぜひ、ヘルシンキへは直行便が出ている。チケットを勢いで買ってみて欲しい。

http://www.flowfestival.com/en/tickets/

photo via http://www.flowfestival.com/

http://www.flowfestival.com/en/tickets/

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat