EQUATION Festival 2017 After Movie 美しきベトナム・ハノイでの新しいシーンの誕生

2017.07.26 Wed TEXT:BANANA CATEGORY:report

ベトナムは東アジアにおけるフェスティバルリゾートになるのだろうか。それはまるでEUにおけるイビサ、クロアチアのように。

最近では日本の南房総で開催されているパーティーZIPANGがベトナム・ダナンでの開催を控えている。そんなベトナムのハノイでは、去る4月14-17日にかけてバ・ヴィ国立公園内のソンティンキャンプ場にあるドンモー(Dong Mo)湖のほとりにてEQUATIONが開催された。アジア独特の色気と湿度、そして美しい自然の中で、Konstantin, Ateq & DJ Dustin (Giegling) , Telephones (Running Back) , San Soda (Music Take Me Up) , Shlømo (Concrete) , Phred (La Dame Noir) , Alex from Tokyo (Tokyo Blackstar), Oskar Offermann (Mule, White) , Andy Hart (Voyage) ,Borrowed Identity (Homesick)などの日本でも人気のアーティストから、サイゴンよりHibiya Line, Dan Lo & Nic Ford、上海からMau Mau & Raz、Magico & Antworkの韓国のMystikクルー、バンコクのBoogie G、そして地元ハノイのMaggie G, Graz, Quan & Ouissamまで素晴らしいバランスで開催された。

ちょうどこの期間は、ベトナムをはじめ、タイ、インドネシア、フィリピン、香港、シンガポール、そしてヨーロッパでも休日になる期間。アジア各地域とヨーロッパ、そして北米から(つまり世界の半分の地域から)楽園を目指して人々が集まった。

今年は1,000人に制限され、ゆくゆく3,000人規模まで拡大する予定のようだ。クオリティを担保しながら、替えることのできない唯一無二の世界観を作り上げる。そうしたオーガナイズチームのビジョンが感じられる。

台湾のOrganik、そして日本のRainbow Disco Club、ラビリンス、rural、Zipangまでいよいよアジアのシーンがその輪郭をはっきりさせようとしている。

https://www.facebook.com/equation.asia/

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat