大盛況のうちに幕を閉じた“Brightness 2017 spring” 至高の一日となった本イベントレポートをお届け

2017.11.22 Wed TEXT:BANANA CATEGORY:report

1000人以上を動員した脅威の2015年からこの春2年ぶりに開催したBrightness

500枚の限定チケットもSOLD OUTとなり大盛況のうちに幕を閉じた至高の日曜日は、これでもかというほどの快晴にも恵まれ凄まじいほどの温かなバイブスが溢れた特別な時間となった。前評判通りの正に唯一無二の魔法がかかったような空気感、この雰囲気こそがBrightnessの真骨頂であり、他の追随を許さないスペシャルなムードはコンセプトでもある“It's a wonderful holiday”の名に恥じる事の無い素晴らしいものであった。

ルーフトップライブステージでは、marter 、HAKOBUNE、バセルバジョン 、コイチ(SAWAGI)、Ryosuke Tomitaがそれぞれの時間にマッチした心を打つ演奏を奏で、HOOAH、Hammock 2000、Wonder wonderesとの相乗効果も相まり、浮遊感漂う幻想的な雰囲気を終始保っていた。欠かせぬ存在となっている宇田川カフェグループ(Bangkok Night / CAFE BOHEMIA)による飲食サポートも素晴らしく、この日訪れた誰もがこの日が終わってしまうのが惜しいと感じた事であろう。

インドアのDJステージ2フロアでは各DJが最高のプレイを披露、映像、キャンドル、モビールアート、ライブペイントも美しく、昼からラストの感動的なフィナーレまでどちらのフロアも笑顔とエネルギーが満ち満ちた至極の空間となっていた。

次回開催を心待ちにする声が切耐えることの無い本イベントだが、次は5年目にして初の週末夜VENTにて12/2(土)Martin Rothをゲストに迎え開催が決定している。サンデーアフタヌーンイベントとして至極の休日を提供して来た本イベントがプロデュースする“休日の夜”、ただのクラブイベントとして終わるはずはなく、詳細はぜひ足を運んで頂きその全身で体感してほしい。プロジェクションマッピング、デコレーションをいくつも組み合わせた独自の空間作りで普段とは全く違うVENTを体感できることだろう。

https://www.facebook.com/events/1597743796930983/

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat