【完全招待制 | Invite-Only】Berlin-Tokyo Innovators' Lounge. Daniel WangのDJとオーガニックな食事とお酒の贅沢な夜!

2014.09.11 Thu TEXT:BANANA CATEGORY:news

このイベントは完全招待制となります。| This event is invite-only

※ご招待のない方のご入場は出来ません。

Recruit Technlogies and bistream presents Berlin-Tokyo Innovators' Lounge

Dear Tokyo-Berlin innovators! Celebrating the 1st Berlin-Tokyo startup symposium in Tokyo on 19 SEP, Recruit Technologies and bistream would like to invite you to attend this special evening event at Lapaz in Tokyo. DJ Daniel Wang from Berlin will show what happens when Berlin boldness meets with Tokyo finesse.

ベルリン日独センター、東京都、ベルリン州主催、在東京ドイツ大使館協力による第一回日独ベンチャーシンポジウムを記念し、日独間のベンチャー支援、育成に関わる関係者様をお招きする招待オンリーのネットワーキング・イベント。ベルリンよりDaniel Wangが登場します!

2014.Sep.19th 8PM OPEN

This event is kindly sponsored by Recruit Technologies. Special thanks to BANANA.

About Daniel Wang

昨今のハウス・シーンにおけるダブ・ハウス系のムーブメントと共に再評価されたレーベルBalihuのオーナーでありディスコ・ダブというサウンドのオリジネーターであるDaniel Wang。幼小を台北で、ハイスクール時代をカリフォルニアで過ごし、80年代後期にニューヨークに移り住む。そこで耳にしたファンキーなハウス・ミュージックに衝撃を受け、シカゴで過ごした2年間を経た後、アブストラクトで宇宙っぽいディスコを制作、自らのレーベルBalihuから発表し始めたのが90年代初頭。最近になりDFA / EMIのバンドHercules & Love Affairがカバーした、レアなディスコ・サンプルが盛り込まれている不朽 の名作「Like some dream (I can't stop dreaming)」を筆頭に数々の名曲を発表した。ニューヨークはソーホーのDr. Sound Music Shop(日本のクロサワ楽器系列)で働くようになってからはムーグ、テルミンやヤマハのシンセサイザーなどを駆使し100%オリジナルのトラックを制作、1999年にはMetro AreaのMorgan Geistが主宰するレーベルEnvironから作品をリリースしたほか、Ghostly、Playhouseなど数々のレーベルからも作品を発表。2003年、拠点をベルリンに移し、現在に至るまでハウス / イタロ / クラシック・ディスコなどを織り交ぜるユニークなスタイルでモスクワからシドニー、東京からリオデジャネイロまで、世界中のフロアーを賑わせている。彼のスタイルは、決して奇抜なものや派手なものではなく、むしろどこか懐かしくノスタルジックな感覚を持ち、しかしながら懐古趣味のガラージ回帰とも違うソウル・ミュージックのような温かみと愛情が溢れている。20年近いキャリアの中、多いとは言えないリリース数にも関わらず、絶えず現場から支持を受け続けているのは、つねに音楽に対して真摯に向き合う彼のアティチュードがカタルシスを与えてくれるからだろう。

Wang made a name for himself in the mid '90s Chicago house scene with a series of playful, funky, sample-delic 12-inches on his own Balihu label, compiled on 1998's I Was a Disco Malcontent: The Best of Balihu Records.

Born in California and raised in Taiwan, the well-traveled producer Daniel Wang has been among the most restless and classically minded members of the dance music community over the last decade. Wang made a name for himself in the mid '90s Chicago house scene with a series of playful, funky, sample-delic 12-inches on his own Balihu label, compiled on 1998's I Was a Disco Malcontent: The Best of Balihu Records. Rooted in the pioneering disco and techno innovations of Giorgio Moroder, Kraftwerk, Francois K, Arthur Russell, the releases earned Wang a reputation for being something of a dance music purist, a notion underscored by his philosophy that the whole of house music can be summed up in 200 pieces of vinyl, while all the rest are merely variations.

Later in the '90s, Wang relocated to New York City, where he forged a friendship with the similarly retro-minded Morgan Geist of Metro Area. By this point, Wang had given up on the samples which cluttered his early releases, taking his back-to-basics ethic one step further. He'd also become an avid theremin enthusiast. In 2001, Geist's Environ label put out Wang's soulful, '70s boogie-inspired album Idealism.

Given Wang's love for all things disco, he was an appropriate choice to lead off Ghostly International's acclaimed 2002 nu-skool electro comp, Disco Nouveau. He does this in style with the thumping, funky, quite cinematic Moroder homage "Pistol Oderso."

会場:ORGANIC TABLE BY LAPAZ

東京都渋谷区神宮前3丁目38−11

" width="600" height="450" frameborder="0" style="border:0

尚、シンポジウムは同日9月19日、13時より東京有楽町国際フォーラムにて開催され、キウイ・キ社の共同創業者やベルリン市政府、政治局局長、ベルリン・ブランデンブルク保証銀行頭取が登壇する他、日本からもサムライインキュベート安藤氏や、株式会社 SassorのCEO石橋 秀一氏、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス・インキュベーションマネージャーであり、一般財団法人 SFCフォーラム事務局長である廣川 克也氏、そしてこのアフターパーティーをリクルートテクノロジーズとともに主催しているベルリンのバイストリーム(bistream)創業者の武田 誠氏が登壇します。

シンポジウムにご興味がある方は以下のリンクより詳細をご覧ください。

都市における起業家の育成

~東京・ベルリンにおけるベンチャー事情~
http://kigyo-event.tokyo.jp/symposium_jg/

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat