美しい自然に囲まれたアフリカ南東部モザンビークにて開催されるフェスティバルAzgo Festivalが近年注目を集めている

2014.02.17 Mon TEXT:BANANA CATEGORY:column

モザンビーク。アフリカ南東部に位置する共和制国家。

圧倒的な美しい自然に囲まれ、南に南アフリカ共和国、南西にスワジランド、西にジンバブエ、北西にザンビア、マラウイ、北にタンザニアと国境を接し、2500Km続く海岸線を持ち、モザンビーク海峡を隔てて東にマダガスカルとコモロが存在する。首都はマプト。

旧ポルトガル植民地であり、1964年からモザンビーク独立戦争を戦い、1975年に独立を達成した。独立後も1977年から1992年までモザンビーク内戦が続いたが、内戦終結後は好調な経済成長を続けている。 ポルトガル語諸国共同体、ポルトガル語公用語アフリカ諸国の加盟国であり、 隣接国が全て英語圏の国家であるため、1995年からイギリス連邦に加盟している。

そんなモザンビークの首都マプトで開催されている音楽フェスティバルがある。

 

2日間に渡って開催され、3つのエリアから構成され、朝9時から夜は深夜3-4時頃まで続く大型のフェスティバルだ。

ラインナップも世界中からブッキングされ、HIP HOP、Rare Groove、そしてベースミュージックの流れを汲んだ新しく面白いアーティストに溢れている。 2014年のラインナップもまもなく発表される模様だ。

そして何より素晴らしいのが、アーティストのショーケースだけではなく、家族向けのエリアが設けられ ゆっくりすごすことが出来ること、ワークショップ等を通してアーティストと交流出来たりするプログラムが組まれている点だ。

素晴らしいフェスティバルと音楽はまだまだ世界中に溢れている。

引き続き、様々なフェスティバルを追いかけていきたい。

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat