スポンサー無しの奇跡の巨大フェス。Shambhala Music Festival

2015.03.19 Thu TEXT:BANANA CATEGORY:column

Shambhala Music Festival(シャンバラ・ミュージック・フェスティバル)はある意味の奇跡とフェスと言える。

「自然、音楽、人間の調和」をテーマにし、2万人近くの人々が訪れるカナダ最大の電子音楽のフェスであるにもかかわらず、彼らは特定のスポンサーを受け付けていない。それはフェスの拡散スピードを失わせ、コミュニティの醸成に貢献しないと彼らは考えるからだ。彼らは手作りでこのフェスを育て、地元の食材などを提供する地産地消の提供を行っている。

クートニー地方にあるSalmo(サルモ)という町の郊外の農場で今年は、8月7-10日の4日間で開催される。

大自然の森の中にそれぞれテーマがある7つのステージが存在し、世界中からミュージシャンやアーティストが集う巨大コミュニティである。

もともと1998年に地元のアーティストがふらりとサルモという牧場に集まり500人規模の小さなレイヴからスタートし、いつしか西海岸アンダーグラウンドのエレクトロニック・ミュージック・シーンの定番になり、そうして、2010年代には世界有数のダンスミュージックフェスティバルになった。

草の根として始まったジャンバラは、有名DJの協力、熱心なボランティアにより唯一無二の存在までになったのだ。

Skrillex, Pretty LightsそしてKygoと世界中にある巨大フェスと変わらないインパクトをもったヘッドライナーの発表。

ぜひ体験してみることをお勧めする。

photo via https://shambhalamusicfestival.wordpress.com/

HUMAN

  • She wants a man, not just a boy

  • Like rain and sun, like cold and heat